肝臓数値が高い原因はストレス?

肝数値が高いのはストレスが原因!?肝臓ちゃんが解説します!

肝数値とストレス

 

肝臓ちゃん

 

仕事や人間関係のストレスは知らない間に体に蓄積され、ある日病気となって現れてしまいます。

 

肝機能も同様にストレスと深い関係があります。

 

数値にはどのような影響があるのか?また、ストレスによる肝臓へのダメージを予防する方法をご紹介したいと思います。


ストレスと肝臓の関係について

肝臓ちゃん

 

ストレスは精神的なダメージだけでなく、肉体的にも様々な悪影響を与えます。

 

肝臓との関係ですが、精神的なストレスが増えると交感神経が優位になるため、肝臓機能を活発にする副交感神経が不安定になってしまいます。

 

ストレスは内臓の血液量を減らしてしまう働きがありますので、肝臓にさらに負担をかける悪循環が続くのです。

 

一度肝機能が低下すると有毒物質の解毒ができなくなり、体に必要なエネルギーの生成が不足するため、肝臓には脂肪がつきやすくなります

 

肝機能はお酒や食べ過ぎなどが直接的な原因になりやすいのですが、長期的なストレスも肝機能を乱すとても大きな原因です。

 

更にストレスは胃腸不良などほかの臓器にも悪影響があるため、健康を維持するためにはストレス改善が欠かせません。


ストレスが及ぼす肝臓数値の影響

肝臓ちゃん

 

肝機能が低下するとほかの臓器の働きが衰えるなど、体に何かしらのサインが現れます。

 

また健康診断での肝機能数値も高くなりますので、不安な場合は定期的な健診を受けることが大切です。

 

ストレスがたまると肝臓機能が弱くなり、ALTと呼ばれる数値が高くなる傾向があります。

 

通常は5〜45(IU/L)が標準値なのですが、これ以上になると慢性肝炎、肝硬変、アルコール性肝疾患なども想定されます。

 

他にもγーGTPやALBアルブミン、PLTなどの数値も肝臓の状態を知るために大切な数値なので、肝臓に負担がかかりやすい生活をしている方は血液検査をしてチェックするとよいでしょう。


ストレスを予防して肝臓をいたわる方法

肝臓ちゃん

 

肝機能が低下するとエネルギー不足や酵素不足となり、肝臓はどんどん疲れて働きが弱くなってしまいます。

 

ストレスが結果的に免疫力を低下させるため、肝炎ウイルスの活動も活発になってしまう場合もあるのです。

 

そこでストレスをためないようにするには、まず規則正しい生活を始めましょう。

 

睡眠は疲労回復として一番効果的です。

 

内臓を休める為にも質の高い睡眠を心がけ、早寝早起きを意識してください。

 

私たちの生活のなかからストレスを完全になくすのは不可能ですが、健康を維持するためにもうまくストレスを向き合った生活環境が大切ですね。

 

前向きな思考力を持ち、ストレス発散になる趣味や定期的な運動など、日ごろの心がけが大切です。


 

高めの肝機能酵素【AST(GOT)】【ALT(GPT)】【γ-GTP】の数値低下が、科学的に実証された機能性食品のセラクルミン!

セラクルミン
セラクルミン
価格 9,980円4,990円
注目成分 クルクミン(ウコン)
特典 初回限定 50%OFF
評価 4

 

肝臓ちゃん

 

【セラクルミン】はウコンの機能性成分であるクルクミンに注目しています。

 

そして【セラクルミン】は、高めの肝機能酵素【AST(GOT)】【ALT(GPT)】【γ-GTP】の数値低下が科学的に実証された機能性食品なんです!

 

この【セラクルミン】は、ウコンの中に含まれる3〜5%のクルクミンと言われるポリフェノールを【肝数値】改善対策として使っています。

 

ちなみにですが、発売元のセラバリューズが、独自技術によってクルクミンの吸収性を27倍までに高めたものを【セラクルミン】と名づけました。

 

肝機能数値の低下に役立つ機能性表示食品なだけあって、お値段は結構なもの。ここがネックですね。

 

しかし、口コミも金額相当で『お酒を飲んでも翌日すっきり』『γ-GTPの数値が気になっていたが、毎日快調』『飲み会の帰りに飲めば即効性があった』等の実感している方が多い事には注目です。

 

本格的に肝臓ケアを行いたい方は【セラクルミン】がオススメです。


>>詳細ページはこちら  >>公式ページはこちら