肝臓の数値が高い

肝数値が高いとどうなっちゃうの!?肝臓ちゃんが解説します!

肝臓の数値

 

肝臓ちゃん

 

健康診断で肝機能数値が高いと言われたことはありませんか?

 

肝臓の数値が高いと様々なリスクが考えられるため、できるだけ早く生活改善などの対処をとることが好ましいですね。

 

では、知らないと危ない肝数値の真実について見ていきましょう。


肝臓の数値でわかる事って?

肝臓ちゃん

 

健康診断や特定健診で血液検査をすると、肝臓の健康状態を示唆する数値が分かります。

 

肝臓には胆管細胞や幹細胞に接する血管が通っていますので、問題があると肝臓内の物質が血液中に増えてしまいます。

 

これらの物質を調べると肝臓の状態が分かりますので、定期的な健診を受ける事はとても大切なのです。

 

肝機能が弱くなっても自覚症状が少ない為、一番良いのは血液検査を受けて数値を調べることです。

 

それぞれの数値には異なる意味がありますが、まずASTと呼ばれる数値は幹細胞の酵素を調べるもので、数値に異常があると何かしらの障害があると考えられます。

 

またγーGTPと呼ばれる数値はお酒の飲みすぎなどで増える幹細胞、胆管の酵素の数値。

 

LDHは肝臓を始めとした場所で作られる酵素で、肝臓病や血液の病気、心臓病の早期発見にもつながります。


危険数値とはどれぐらい?

肝臓ちゃん

 

血液検査では様々な数値が表示されますが、肝機能に関してはALTとASTの数値を必ずチェックしましょう。

 

アルコールの過剰摂取や食べ過ぎ、ウイルスなどにより幹細胞がダメージを受けると血液中のこれらの数値が高くなります。

 

数値が30IU/Lよりも少ない場合は問題がありません。

 

しかし、50IU/Lを超える場合は脂肪肝の疑いがあり、100IU/L以上になるとウイルスの感染の疑いがありますので大変危険です。

 

またγーGTPの数値は50IU/L以下が理想で、数値が高い時は脂肪肝や肝炎の可能性があります。

 

この数値が他の数値よりも高い場合は、アルコール性脂肪肝の疑いがありますよ。


肝機能数値が高い時の対処

肝臓ちゃん

 

近年人間ドックでは、4人に1人の割合で肝機能の異常が見つかるとも言われています。

 

治療は必要なくても注意が必要な方は、とても多いということです。

 

危険数値の場合はすぐに医療機関で診察を受け治療を始めましょう。

 

緊急性がなくても軽度の肝機能異常が認められた場合は、まず食生活を注意して栄養バランスを摂ることを心がけてください。

 

また肥満予防として定期的な運動をする、お酒の飲みすぎに注意、疲労回復のための質のよい睡眠など、生活習慣の改善をしっかり行ってくださいね。

 

肝臓の状態を自己判断するのは一番危険です。

 

定期的な健康診断を受け、肝機能の異常を早期発見することが大切ですよ。


 

高めの肝機能酵素【AST(GOT)】【ALT(GPT)】【γ-GTP】の数値低下が、科学的に実証された機能性食品はこれ!

セラクルミン
セラクルミン
価格 9,980円4,990円
注目成分 クルクミン(ウコン)
特典 初回限定 50%OFF
評価 4

 

肝臓ちゃん

 

【セラクルミン】はウコンの機能性成分であるクルクミンに注目しています。

 

そして【セラクルミン】は、高めの肝機能酵素【AST(GOT)】【ALT(GPT)】【γ-GTP】の数値低下が科学的に実証された機能性食品なんです!

 

この【セラクルミン】は、ウコンの中に含まれる3〜5%のクルクミンと言われるポリフェノールを【肝数値】改善対策として使っています。

 

ちなみにですが、発売元のセラバリューズが、独自技術によってクルクミンの吸収性を27倍までに高めたものを【セラクルミン】と名づけました。

 

肝機能数値の低下に役立つ機能性表示食品なだけあって、お値段は結構なもの。ここがネックですね。

 

しかし、口コミも金額相当で『お酒を飲んでも翌日すっきり』『γ-GTPの数値が気になっていたが、毎日快調』『飲み会の帰りに飲めば即効性があった』等の実感している方が多い事には注目です。

 

本格的に肝臓ケアを行いたい方は【セラクルミン】がオススメです。


>>詳細ページはこちら  >>公式ページはこちら