コーヒーは肝臓に良い?悪い?カフェインの影響とは

コーヒーを飲むと肝臓に良い!?肝臓ちゃんが解説します!

コーヒー

 

肝臓ちゃん

 

疲れた時に飲むコーヒー・・・このリラックス効果はとても高いですよね!

 

コーヒーを毎日飲む習慣がある人はとても多いと思いますが、肝臓にはどのような影響があるのでしょうか?

 

早速コーヒーが肝臓に与える働きについて見ていきましょう。


カフェインが与えるメリット

肝臓ちゃん

 

コーヒーはカフェインを多く含みますので、飲みすぎると眠れなくなることがあります。

 

しかし、カフェインは過剰摂取しなければアンチエイジングなどにもメリットがあり、肝臓にも良い効果があるといわれているのです。

 

コーヒーのカフェインは副交感神経を優位にする働きがありますので、疲れた時やイライラした時に飲むとリラックスできますよね。

 

逆に眠い時にコーヒーを飲むと覚醒作用がありますので、脳の働きがすっきりするというメリットもあります。

 

飲む時の精神状態に応じて、うまくカフェインの作用をプラスすることが大切なのです。


コーヒーのリン酸カルシウムと肝臓の関係

肝臓ちゃん

 

新鮮なコーヒーには、リン酸カルシウムが多く含まれています。

 

リン酸カルシウムの働きは血液循環、便秘改善、利尿効果などがあり、体内の老廃物を排出してくれます。

 

結果、肝臓にかかる解毒の負担が減るために、コーヒーは肝臓にとってメリットになるのです。

 

コーヒーは「コーヒーチェリー」という果実の種類で、色々な成分を含んでいるのですが、飲みすぎは体に害になるといわれます。

 

その例として、古いものは酸化して有毒化する可能性もありますので、肝臓にはできるだけ新鮮なコーヒーを飲んだ方がよいでしょう。

 

日本は欧米に負けずコーヒーの消費量がとても多く国のひとつです。

 

イタリアでは肝硬変を改善するために、コーヒーを飲む習慣があるともいわれていますよ。


脂肪肝を防ぐコーヒーの働き

肝臓ちゃん

 

飲酒の習慣がある方や、食生活が不規則な場合は肝臓に中性脂肪が蓄積されやすくなります。

 

この脂肪肝(肝臓に中性脂肪が蓄積された状態)は食べ過ぎ、飲みすぎが原因となり、心筋梗塞や脳梗塞などの病気のリスクへと繋がってしまいます。

 

特に30代、40代の人は脂肪肝になる方が多く、普段の食生活には十分注意が必要です。

 

コーヒーはクロロゲン酸などのポリフェノールが含まれているため、血行改善に効果があります。

 

コレステロールの蓄積を予防するため、脂肪肝の予防にもたいへん効果が期待できます。

 

またコーヒーは抗酸化作用が高いため、加齢による肝機能の低下を予防して、血圧の安定効果もあります。

 

カフェインの過剰摂取に注意しながらうまく食生活にコーヒーをプラスすると肝臓にもメリットになりますよ。


肝臓ちゃんの【AST・ALT】肝数値対策サプリ ランキングはこちら!