アルコール性肝硬変の予防対策とは?

いつの間にかアルコール性肝硬変!?肝臓ちゃんが解説します!

肝硬変

 

肝臓ちゃん

 

アルコールによって起こる病気は様々ありますが、肝機能はお酒のダメージを受けやすい臓器のひとつです。

 

アルコール性肝硬変は、お酒を習慣的に飲む方は特に注意が必要な病気です。

 

早速ですが原因や予防対策について見ていきたいと思います。


アルコール性肝硬変とは?

肝臓ちゃん

 

アルコールの90%は肝臓で分解処理が行われますが、それ以外にも脂肪の分解などの代謝の働きも行っています。

 

アルコールを大量に摂取してしまうと、アルコール処理を優先するため脂肪の分解や代謝ができなくなり肝臓に脂肪が蓄積されてしまうのです。

 

すると肝臓が肥満状態になる脂肪肝になり、更にアルコール摂取が続くと、炎症や線維により硬化が進行して肝硬変になります。

 

アルコール性脂肪肝は自覚症状が少ないため、お酒をそのまま飲み続けてしまうことが多く、アルコール性肝硬変になると黄疸、下痢、吐血、腹水などの症状が現れてきます。

 

糖尿病になるリスクも高くなり、アルコール依存症の8割の人が肝障害を持っているともいわれています。


原因について

肝臓ちゃん

 

アルコール性肝硬変の原因は長期間のお酒の飲みすぎです。

 

大量にお酒を20年間ほど飲み続けていると、肝硬変になる危険性が高いといわれますが、量は個人差があり男性と女性でもリスクは異なります。

 

女性の方が男性よりもアルコール分解に時間がかかるため、肝臓に負担がかかりやすく短期間でも肝硬変になる可能性があります。

 

肝硬変になる前の脂肪肝の状態は、日本酒を5合、5週間程度飲み続けただけでも起こるリスクがあるといわれています。

 

肝臓は回復できる臓器なので、飲酒量を控える、休肝日を設けるなど肝臓をいたわる心がけが大切なのです。


予防と治療方法について

肝臓ちゃん

 

アルコール性肝硬変になると元の状態に戻ることはできません。

 

治療は禁酒をしてタンパク質の制限や、腹水がある場合は塩分の制限なども必要になります。

 

末期の場合は肝臓移植を行うこともありますが、このような重篤の症状になると肝臓がんに進行する可能性もありますので、大変慎重に治療を進めないといけません。

 

アルコール依存症の場合は専門外来で相談するなど、早めの対処が必要ですね。

 

予防方法はお酒の量を減らすこと。

 

肝臓に負担がないのはビールなら中瓶1本、日本酒は1合程度といわれていますが、肝臓に受けるダメージは個人差がありますので、できるだけ飲まないようにするか、休肝日を多く設けることが必要ですね。

 

お酒で体を壊してしまうことはまず避けたい点ですが、楽しく無理をしないで飲む習慣を心がけたいですね。


肝臓ちゃんの【AST・ALT】肝数値対策サプリランキングはこちら!