肝臓に負担をかけないお酒や飲み方とは?

飲む機会が多いけど、肝臓は労わりたい!!肝臓ちゃんが対策を教えます!

飲み会が多くて辛い

 

肝臓ちゃん

 

お酒は仕事の付き合いなど、どうしても断れない時がありますよね。

 

飲み会が続くと心配になるのが肝臓の状態です。

 

ではお酒を飲む時に、どんな点に注意したら肝臓に負担がかからないのでしょうか。

 

少しでもダメージを抑える飲み方について、肝臓ちゃんが解説したいと思います。


肝臓に負担がかからない飲み方とは?

肝臓ちゃん

 

肝臓に負担をかけないように飲むには、まずお酒以外にも意識を集中できる環境を作ることです。

 

例えば、飲み会の場合は周りの人と会話を楽しみながら、お酒を飲みペースを抑えることがポイントです。

 

そして空腹でお酒を飲むと胃腸粘膜にダメージがあるため、まずはおつまみなどで空腹感を抑えておくとよいでしょう。

 

アルコールは体内に入ると分解するために水分が必要になります。

 

お酒だけでなく、ウーロン茶や水なども途中に飲んだ方が肝臓の負担が抑えられます。


 

肝臓ちゃん

 

スポーツドリンク系ならば体内に吸収されやすく脱水症状を早く回復することができますので、気分が悪い時はミネラル成分が含まれたドリンクがオススメですね。

 

肝臓はアルコールの分解に時間がかかりますので、連続して飲むことはできるだけ避け、週に2、3日は必ず休肝日を設けてください。

 

そして自分の適量を心がけ、飲みすぎないようにコントロールすることが大切です。


肝臓に負担がかからないお酒の種類

肝臓ちゃん

 

お酒の1日の適量を、まずは理解しておきましょう。

 

おおよその量ですが、ビール中瓶1本・チューハイ350ml 1本・日本酒1合・ウイスキーダブル1杯となっています。

 

肝臓に負担がかからないお酒というのは残念ながら存在しませんが、アルコール度数の少ないお酒や度数の強いお酒を水で割って飲むなど工夫することで、多少は負担を減らすことができます。

 

日本酒は糖質が多いため、飲みすぎると糖尿病のリスクがありますし、ビールも同様に内臓脂肪が増える要因になります。

 

焼酎は不純物が少ないため、アルコール度数が低いものを少量ならば、肝臓にも負担が少ないでしょう。

 

しかし、アルコール度数が少ないお酒でも、量をたくさん飲んでしまえば肝臓に負担がかかりますのご注意くださいね。


アルコールと肝臓の関係について

肝臓ちゃん

 

肝臓で1時間で処理できるアルコールの量は、日本酒で約1/4合程度といわれています。

 

仮に3合の日本酒を飲んだ場合、肝臓が処理するには12時間もかかる計算になります。

 

この状態が続くと肝臓内に脂肪が蓄積され脂肪肝になり、肝機能が徐々に低下してしまうのです。

 

肝臓は悪くなっても自覚症状がわかりにくいため気が付いた時には手遅れになることもありますので、飲酒習慣のある方は特にご注意くださいね。


 

当サイトで一番人気のお酒のお供サプリはこれ

レバリズム-L
レバリズム-L

 

価格

5,980円980円

注目成分

しじみエキス・牡蠣エキス・スクワレン・L-シスチン

特典

モニターコースで初回5,000円値引き

評価

星5

 

肝臓ちゃん

 

【レバリズム-L】は、初回価格を980円とお試しし易い価格にしてみたり、数値撲滅モニターキャンペーンを行うなどして、とにかく売れに売れている肝数値対策サプリメントです。

 

不規則な食事・お酒の飲みすぎ・ストレス・睡眠不足などで悩みを抱える30〜40代の男性に絶大の支持を受け、満足度は97%と驚異的です!

 

口コミでは、『飲みやすい』『体の調子がよくなった』『二日酔いで苦しまなくなった』等が非常に多く、実感している方も多数。

 

素材も国産のものにこだわっていますので、安全面での安心感もあります。この高い満足度にも納得ですね。

 

『何となく疲れがたまっている』という方から『数値が気になって・・・』という方まで、幅広い方に【レバリズム-L】はオススメです!