オルニチンが肝臓に及ぼす影響。副作用・効能について。

オルニチンはどれぐらいスゴイ!?肝臓ちゃんが解説します。

しじみ

 

肝臓ちゃん

 

オルニチンはサプリメントでよく使用される成分のひとつですね。

 

オルニチンは肝臓にはどのような効果があるのか?

 

また、食べ物から摂取できるのか?など、オルニチンの特徴についてご紹介したいと思います。


オルニチンの働きについて

肝臓ちゃん

 

人間の体の20%以上にアミノ酸が存在していますが、アミノ酸は種類がとても多く、世界には500種類以上もの存在が確認されています。

 

オルニチンはアミノ酸のなかでも特別な遊離アミノ酸と呼ばれるもので、血液中に溶け込んでアミノ酸の状態を変えずに効果を発揮する特徴があります。

 

特に肝臓のサポート力が高く、弱った肝機能回復の助けをする働き、疲労回復、新陳代謝を活発にするなど、私たちが健康に暮らす為には欠かせないものなのです。

 

オルニチンは体内に入った有毒な物質を肝臓で解毒する際のサポートを行い、肝臓細胞を活発にする働きがあります。

 

二日酔いの予防、お酒が好きな方にもたいへん注目され、近年オルニチンの研究も進み健康食品で多く使用されています。


オルニチンの副作用について

肝臓ちゃん

 

まず私たちがオルニチンを摂取する方法としては食べ物から、もしくはサプリメントという方法があります。

 

普段の食生活からオルニチンを過剰摂取する可能性は低いのですが、サプリメントで摂取する際に注意が必要です。

 

市販で購入できるサプリメントは健康食品として販売されていますので、体に有害なものではりません。

 

しかし、用法を守らずに摂取してしまうと、消化器官に負担がかかる場合もあります。

 

胃腸が弱い方はサプリメントの過剰摂取で胃痛や下痢などの症状がおこる可能性もありますので、くれぐれもサプリメントの正しい飲み方を守ることが大切ですね。


オルニチンが多く含まれる食べ物

肝臓ちゃん

 

オルニチンは食べ物にも含まれていますので、肝機能が不安な方は日頃から食生活にも意識することが大切です。

 

オルニチンが多く含まれる食べ物の代表が「シジミ」です。

 

シジミは約35個でオルニチン10.7r〜15.3rとなります。

 

ヒラメは1切れで0.6r〜4.2r、キノコ類にも多く含まれて本シメジなら160r、シジミの数にすると400個分ほどのオルニチンが含まれています。

 

他にもオススメ食品としてチーズ、キハダマグロ、エノキダケなどもありますが、毎日食べるような食品は意外と少ないですよね。

 

オルニチンを効率的に摂取するためにはサプリメントをプラスした方が効果的かもしれません。

 

私達の体に必要なオルニチンの摂取量は、1日で約400r〜1000rといわれています。

 

効果を最大限に引き出す為には、継続して食べ物やサプリメントから摂取するとよいでしょう。


 

当サイトで一番人気のオルニチン入りサプリはこれ

レバリズム-L
レバリズム-L

 

価格

5,980円980円

注目成分

しじみエキス・牡蠣エキス・スクワレン・L-シスチン

特典

モニターコースで初回5,000円値引き

評価

星5

 

肝臓ちゃん

 

【レバリズム-L】は、初回価格を980円とお試しし易い価格にしてみたり、数値撲滅モニターキャンペーンを行うなどして、とにかく売れに売れている肝数値対策サプリメントです。

 

不規則な食事・お酒の飲みすぎ・ストレス・睡眠不足などで悩みを抱える30〜40代の男性に絶大の支持を受け、満足度は97%と驚異的です!

 

口コミでは、『飲みやすい』『体の調子がよくなった』『二日酔いで苦しまなくなった』等が非常に多く、実感している方も多数。

 

素材も国産のものにこだわっていますので、安全面での安心感もあります。この高い満足度にも納得ですね。

 

『何となく疲れがたまっている』という方から『数値が気になって・・・』という方まで、幅広い方に【レバリズム-L】はオススメです!