ウコンは肝臓に効果あり?副作用や摂取量の注意点

ウコンは実際どれほどスゴイのか?肝臓ちゃんが解説します。

ウコン

 

肝臓ちゃん

 

ウコンはお酒が好きな方に、とても良いといわれていますよね。

 

そんなウコンには、肝臓にどのようなメリットがあるのか?

 

またウコンの副作用や摂取方法など、ウコンについて知っておくべき情報をご紹介したいと思います。


ウコンが肝臓によい理由とは?

肝臓ちゃん

 

ウコンという名前はよく聞きますが、どんなものか知らない方は意外と多いですよね。

 

ウコンはショウガ科の植物で、健康食品として昔から利用されています。

 

ウコンが二日酔いなどに効果があるといわれている理由は、ウコンの成分「クルクミン」の働きが関係しています。

 

クルクミンは胆汁の分泌を促進する働きがあり、肝臓を強くする効果があります。

 

また、クルクミンはウコンの黄色い色素成分で、別名ターメリックと呼ばれています。

 

ターメリックはカレーの香辛料としても使われていますので、古くから食品としてもお馴染みです。

 

お酒が好きな人は肝機能が弱くなるリスクが高いため、二日酔い防止などでウコンが配合されたドリンク剤などが人気がありますよね。


ウコンの働きについて

肝臓ちゃん

 

ウコンは50種類以上もの種類があり、色々な活用方法があります。

 

ウコンの成分であるクルクミンですが、二日酔い予防だけでなく血液さらさら効果もあり、生活習慣病の動脈硬化や脳梗塞の予防にもメリットがあるといわれています。

 

更にウコンは男性だけでなく女性にも嬉しい美肌効果があり、特に活性酸素による肌の老化防止としてアンチエイジング、肌荒れ改善などとしても効果があるのです。

 

ウコンは種類が豊富ですが、どれでもクルクルミンを多く含んでいるわけでないことを理解しておきましょう。

 

なかにはクルクミンの含有量がほとんどないタイプもありますので、ウコンの成分や効果、それぞれの特徴を生かして目的にあった使い方をすることが大切です。


ウコンの摂取方法や副作用などの注意点

肝臓ちゃん

 

ウコンを二日酔い予防で摂取するとしたら、飲酒前かもしくは飲酒直後が効果的です。

 

健康メリットもあるウコンですが、心配なのが副作用ですよね。

 

いくら体によいものとは言っても、大量に摂取したり一気に過剰摂取すると体に負担がかかってしまいます。

 

肝臓機能が逆に低下する可能性や、吐き気などもおこる場合がありますので、肝臓疾患がある方、妊娠中や授乳中の女性は医師に相談すると良いでしょう。

 

ウコンを効果的に摂取するためには、生でスライスしたウコンを食べる方法がありますが、苦みが強く毎日食べるのは簡単ではありません。

 

ウコンのクルクミンを効率的に摂取するなら粉末や錠剤、ドリンクタイプなどで販売されているサプリメントが一番手軽でオススメです。


 

当サイトで一番人気のクルクミンサプリはこれ

セラクルミン
セラクルミン

 

価格

9,980円4,990円

注目成分

クルクミン(ウコン)

特典

初回限定 50%OFF

評価

4

 

肝臓ちゃん

 

【セラクルミン】はウコンの機能性成分であるクルクミンに注目しています。

 

そして【セラクルミン】は、高めの肝機能酵素【AST(GOT)】【ALT(GPT)】【γ-GTP】の数値低下が科学的に実証された機能性食品なんです!

 

この【セラクルミン】は、ウコンの中に含まれる3〜5%のクルクミンと言われるポリフェノールを【肝数値】改善対策として使っています。

 

ちなみにですが、発売元のセラバリューズが、独自技術によってクルクミンの吸収性を27倍までに高めたものを【セラクルミン】と名づけました。

 

肝機能数値の低下に役立つ機能性表示食品なだけあって、お値段は結構なもの。ここがネックですね。

 

しかし、口コミも金額相当で『お酒を飲んでも翌日すっきり』『γ-GTPの数値が気になっていたが、毎日快調』『飲み会の帰りに飲めば即効性があった』等の実感している方が多い事には注目です。

 

本格的に肝臓ケアを行いたい方は【セラクルミン】がオススメです。